【国際】 ウィキリークス「パナマ文書の情報の出元は、ジョージ・ソロス氏と米機関によるものだ」
1:2016/04/09(土) 14:03:09.72 ID:
ICIJ(国際調査報道ジャーナリスト連合)が公表した通称「パナマ文書」が波紋を広げているが、
その情報の出元は、米著名ヘッジファンド運用者ジョージ・ソロス氏、フォード家の財団や米機関によるものだ、と
機密文書公開サイト「ウィキリークス」が断定した。

そのターゲットは二通りの見方があり、プーチン大統領、習近平総書記や中東各国の首脳たち、
もしくはパナマという国家に対するもののどちらかだと見られている。

その一方で、ICIJが現在公開している首脳リストの中に、米国の政治家は現時点では皆無となっている。

ICIJが公表にいたるまでの簡単な経緯としては、南ドイツ新聞への匿名の連絡があり大量の内部資料の受け渡しが行われた。
その資料をICIJに提供し調査報道した結果をこのたび公表している。

匿名の提供者がだれであるかだが、この主がソロス氏らの意を受けた関係者や、米国の公的機関などである、というのがウィキリークスの告発である。

陰謀論というようりも背景としてパナマの今回のリークに直結するような事情も存在する。
OECD(経済協力開発機構)が協定を各国に勧めている税務情報や金融機関口座の自動交換について、
パナマは同意していなかったために、これまで米国などから厳しい批判を受けてきた。

今後はまだわからないものの、パナマはこれを受けてOECDの情報自動交換に応じる方向に転換する可能性も出てくるだろう。

一方で、協定に乗り気ではない米国は世界最大のタックスヘイブン国として安泰でもある。
その辺の事情が、今年1月にブルームバーグで報道されている。

米国が最大のタックスヘイブン国に、という趣旨だが、ロスチャイルド家の金融持株会社の幹部が行った講演で、
節税したい富裕層たちに米国への資産移転を勧めたというものである。

OECDの協定には関心がなく、FATCAを要求したり、また、自国に資産を呼び込もうとするなど独自スタンスを貫こうとしている。

ICIJはソロス氏の「オープンソサエティ財団」から出資も受けているが、5月にも追加の情報を投下するとも言われている。
すべての案件が違法ではないことは言うまでもないが、史上最大級のリーク事件によって、タックスヘイブンがさらに揺らぐことになるか。
http://media.yucasee.jp/posts/index/14959?la=0003

ジョージ・ソロス

George_Soros_47th_Munich_Security_Conference_2011_crop

ジョージ・ソロス(George Soros、1930年8月12日 - )は、ハンガリー・ブダペスト生まれのハンガリー系およびユダヤ系アメリカ人の投資家・投機家、慈善家。ハンガリー名はショロシュ・ジェルジ(Soros György)。「イングランド銀行を潰した男」("The Man Who Broke the Bank of England")の異名を取る。


自由主義的な政治運動家
投資家・投機家として著名なソロスであるが、自由主義的な政治運動家としても知られる。例えば、ポーランド民主化運動において、労働組織である「連帯」へ支援を行い、チェコスロバキアにおける反体制運動であった憲章77と同様に、ソビエト連邦によるこれらの国々への支配を終わらせることに寄与した。また、2003年にグルジアで起こった政変(バラ革命)でも彼の資金提供があったとされ、その成功に重要な役割を果たしたとロシアと西欧双方の識者から評された(ソロスはこの見方を、誇張されたものだとコメントしている)。その他、2004年のアメリカ大統領選挙において、ジョージ・W・ブッシュの再選に反対する陣営に支援を行った。



政治的見解

ソビエト連邦への反対
Neil Clark(“New Statesman” に書かれている)によると、彼の型にはまった左翼の多くと共有している見解は、東ヨーロッパでの社会主義の崩壊はその体系的弱さと、民衆の支援を得ることへの政治的エリートの失敗のためであるということである。それは、部分的には正しいかもしれないがソロスの役割は決定的に重要であった。1979年から、彼は年300万ドルをポーランドの連帯運動、チェコスロバキアの憲章77、ソビエト連邦のアンドレイ・サハロフを含む反体制組織に寄付した。1984年、彼は最初のOpen Society Instituteをハンガリーで設立した。そして、何百万ドルも反対運動と独立したメディアに注ぎ込んだ。

中国について
2010年11月にソロスは「米国から中国への、パワーと影響力の本当に驚くべき、急速な遷移があり、それはちょうど第二次世界大戦後の英国の衰退と米国への覇権の移行に喩えられる」と述べ、更に「今日、中国は活発な経済のみならず、実際に、米国よりもより機能的な政府を持っている」という議論を呼ぶであろう意見を述べた。

しかしながら2012年10月には「成長モデルが息切れしつつある」と述べ、成長が鈍化しているとの見方を示したほか、2013年5月には、高利回りの金融商品「理財商品」が、「リーマン・ショックの引き金となったサブプライム・ローンと似ている」とし、2014年1月には、「中国の成長モデルはすでに力を失っている」と指摘した。

同月にはまた、「近いうちに中国経済は完全に崩壊する」との見通し示し、「世界経済にとって脅威なのは米国の予算崩壊でもユーロ圏の問題でもなく、中国の財政問題にある」と述べ、「(高利回りの金融商品「理財商品」が蔓延っている)中国の飛躍的な経済発展を支えるモデルは、(リーマン・ショック以前の)2008年以前の米国経済に類似しており」「いかなる改革も中国を救うことはできない」と考えているという。

なお、ソロスはかねてから中国の──これまでのところそれなりの広範な国民からの支持を得てもいる──一党独裁体制は中国経済の崩壊と共に終焉を迎えるだろうとの見通しを示してきた。

引用:wikipedia - ジョージ・ソロス

1.5: おすすめ記事 2030/01/01 00:00:00 ID:newsmatomeito

スポンサーリンク

113:2016/04/09(土) 16:05:53.12 ID:
>>1
プーチンがいち早く今回の件を米国の陰謀だと発表してたが、あながち間違ってなかったんだな。
今でもKGBの情報収集力は健在だ。
157:2016/04/09(土) 21:02:44.75 ID:
>>1
だろうな、真っ先にプーチンの名が挙がる時点で意図的なものを感じるわ
2:2016/04/09(土) 14:03:50.95 ID:
アメリカ企業のデータはそっくり削除してから公開してるもんなw
4:2016/04/09(土) 14:05:18.63 ID:
またロスチャの陰謀か!
6:2016/04/09(土) 14:05:32.12 ID:
つまりどういうことだってばよ
11:2016/04/09(土) 14:07:03.88 ID:
>>6
パナマは不透明性を売りにして資金を呼び込んでいる。
アメリカも地域的にタックスヘイブンをやっているので、アメリカとしては自国にその資金を呼び込みたい。
そこで不透明性を武器にしているパナマなどをつぶし、アメリカにくるよう、リークしたっていう趣旨。
リークされたものは事実だが、その陰謀論自体は事実かはわかからない。
38:2016/04/09(土) 14:28:59.54 ID:
>>11
どちらかというと対支那とロシアだろう。
特に支那は、この件に関してはかなりヤヴァイ。
まあ、対支那で元々公開する噂はあったので予想の範囲内。
14:2016/04/09(土) 14:07:38.58 ID:
こえーな、パロマ
19:2016/04/09(土) 14:13:19.67 ID:
ソロスうぜえ。
世界中で火付けしてやがる。
カラー革命、ウクライナとやり過ぎだ。
32:2016/04/09(土) 14:25:52.95 ID:
>>19
庶民からすりゃ上級国民を攻撃できる絶好の口実
52:2016/04/09(土) 14:36:50.27 ID:
>>32
ソロスってアジア通貨危機の張本人だぞ
庶民に優しいわけじゃないぞ
53:2016/04/09(土) 14:38:02.75 ID:
>>32
上級国民同士の内ゲバとか大歓迎だよな
自分達で悪事バラしてるんだから大義名分ゲットだし
21:2016/04/09(土) 14:15:49.54 ID:
情報戦の世界大戦だわ
22:2016/04/09(土) 14:16:15.07 ID:
 
ソロスは金融部門の表側にいる番頭さんの下っ端ってとこかな?
27:2016/04/09(土) 14:22:42.72 ID:
アメリカの要人の名前出てこなかったしな
これはアメリカの「節税はウチのデラウェア州使てやキャンペーン」だという
おいらの見立てはあながち外れてなかったか
29:2016/04/09(土) 14:24:28.89 ID:
名前だしたら消されるんじゃねこういうの
ソロスくらいの大物だと安全なのかな
35:2016/04/09(土) 14:26:42.27 ID:
アメリカは多すぎるからこれから別途って言ってなかったっけ?
37:2016/04/09(土) 14:27:48.22 ID:
流出させた人間は誰なのか南ドイツ新聞の人間すら知らなくて
メール等の証拠も一切なく調査もできんらしいから憶測で言ってるんだろうけど
40:2016/04/09(土) 14:29:25.74 ID:
カネ持ちケンカせずが基本だけど
最近ドコの国もゆとりが無くなってきて
タックスヘイブンの取り合いになってんだろ
英国領のタックスヘイブンをアメリカが分捕ろうとしてる
情報戦ですな
43:2016/04/09(土) 14:32:14.46 ID:
アメリカのせいにすると陰謀論言われるけどいつもアメリカかイスラエルが動いてる
66:2016/04/09(土) 14:48:46.65 ID:
>>43
ソロスって反イスラエルじゃなかったか?
そういう体なのかもしれないが
73:2016/04/09(土) 14:54:41.84 ID:
>>66
アメリカは世界一のプロレス国家だからね
47:2016/04/09(土) 14:34:03.08 ID:
ゴルゴでおなじみのスイス銀行も
顧客情報の徹底秘匿でそのスジのみなさんに信頼されてたけど
テロ資金の温床って事でアメリカに叩かれて渋々情報開示に応じたからな
そこから逃げたカネを追ってさらに叩いたのが今回の騒動だろう
78:2016/04/09(土) 15:01:27.19 ID:
>>47
スイスの件でも思ったけど、往事ほどではないとはいえ、やっぱり
アメリカの圧力ってやっかいだよな
とかく政治家がアメポチとか揶揄されがちだが、やっぱり実際絡むとこのうえなく面倒くさい
相手なんだろうな
50:2016/04/09(土) 14:36:01.14 ID:
ロスチャイルド家が絡んでるってか…
55:2016/04/09(土) 14:43:11.68 ID:
アメリカは国内に租税回避地があるからな。
(州)法人税ゼロにして企業誘致してるところがあるんだから、パナマみたいなところはぶっ潰したいだろうよ。
56:2016/04/09(土) 14:44:37.97 ID:
アメリカとしては一滴の血を流すこともなく国家転覆が図れるから安上がりだな
アラブの春同様混沌が待ち受けるかもしれんが、中露を直接叩けるのは効果的だ
67:2016/04/09(土) 14:49:19.69 ID:
って事は次はケイマン諸島辺りの情報が出てくるのかね
68:2016/04/09(土) 14:49:56.02 ID:
じゃあキャメロンはちとスケープゴートか
69:2016/04/09(土) 14:51:12.93 ID:
パナマ潰しで米へ投資促進
プーチン、習近平へ揺さぶり

目的はこの2つ
金融は既に国際社会の権力関係に影響をおよぼす兵器
中東派兵と何ら変わらない
70:2016/04/09(土) 14:52:36.89 ID:
シティ・オブ・ロンドンの異様さはもっと知れ渡ったほうがいい。
日本の兜町やウォール街みたいな都市の一角の金融街ってレベルじゃねえからな
75:2016/04/09(土) 14:55:52.67 ID:
>>70
中国と手を結んだから最強だよ
159:2016/04/09(土) 21:13:02.06 ID:
>>75
>>70
>中国と手を結んだから最強だよ

じゃ要するにイギリス&中国vsアメリカvsロシアって事?
77:2016/04/09(土) 14:59:55.28 ID:
ICIJの責任者がGerard Ryle(アイルランド系オーストラリア人)
全部を公開する気はないって

Ryle says that the media organizations have no plans to release
the full dataset, WikiLeaks-style, which he argues would expose
the sensitive information of innocent private individuals
along with the public figures on which the group’s reporting has focused.
“We’re not WikiLeaks.
We’re trying to show that journalism can be done responsibly.
92:2016/04/09(土) 15:32:12.26 ID:
>>77
リークされたデータにはプライベートの情報が山ほどあって(たとえばパスポート詳細の画像など)
犯罪性のないものは公開しない
という意味
96:2016/04/09(土) 15:39:16.02 ID:
ソロスはシナに元売り仕掛けてるから、今回のもシナの基盤揺さぶる目的かな?
キンペーが政治的に窮地に立たされてるから、今のところソロスの思惑通りかな。
97:2016/04/09(土) 15:42:19.40 ID:
タックスヘイブンの闇 世界の富は盗まれている! ニコラス・シャクソン著
http://toyokeizai.net/articles/-/9036

タックスヘイブンを分類すると、

(1)ダーティマネーの最大の保管場所であるスイス、金正日氏の40億ドルの資産があるといわれる
ルクセンブルク、書類を午後3時までに当局に出せば、たとえ目論見書がどんなに厚くてもファンドは
翌日認可されるアイルランドなどの欧州諸国、

(2)英国王室属領のジャージー、ガンジーなどと英国の海外領土であるケイマン諸島、バージン諸島
など(ちなみに、人口5・7万人のケイマン諸島は、その最高権力者である総督は英国女王によって任命され、
今や世界第5位の金融センターである。8万社が登記をし、ヘッジファンドの4分の3以上、預金は
ニューヨーク市の銀行の4倍にあたる1・9兆ドルを持つ。また人口2・5万人のバージン諸島には、
なんと80万社が登録をしている)、

(3)中南米の麻薬密輸の中継地であるパナマを含む米国、である。
(中略)
米国で2番目に小さいデラウェア州には、フォーチュン500社の3分の2近くが法人登録をしており、
所得が高いほど税金が安くなる逆進課税が導入され、また証券化に最適の法制度も作られた。
106:2016/04/09(土) 15:55:26.07 ID:
ポンド危機の原因→ソロス
パナマ文書の原因→ソロス


これは
107:2016/04/09(土) 15:55:37.36 ID:
http://attackoto.blog9 .f c 2 .com/blog-entry-234.html

『タックスヘイブンの闇 世界の富は盗まれている!』

「銀行はまず、これらの国に生産的に使えるがくよりはるかに多額の資金を貸し付け、それから
現地のエリートたちに、富を略奪し、隠匿し、洗浄し、こっそりオフショアへ持ち出す方法を教えた。
その後、銀行がこれらの国に債務を返済するよう圧力をかけるのを、IMFが融資を実行しないという
脅しをかけて手助けした。これらの国の資本市場は、『適切な市場安定化法や銀行規制や租税徴収機関
があろうがあるまいが』計算ずくで外国資本に対して開放されたのだ」(229頁)

「第三世界の国々の公的債務は、それらの国のエリートがアメリカや他のタックスヘイブンに貯め込んで
いた個人資産の額とほぼ一致していた。そして1990年代初めには、ヨーロッパとアメリカに隠された逃避資産は、
それが生み出す所得に控えめにでも課税されていたら第三世界全体の債務を返済できるだけの額になっていた。」(231頁)
118:2016/04/09(土) 16:13:07.19 ID:
>>107がキモい
126:2016/04/09(土) 16:58:22.33 ID:
>>118

>>107 に書いてあるのは、国家の乗っ取り方法でしょ。古典的なヤツ

どこの国のエリートも自分だけが可愛いので、こうやればうまくカネが儲かると
言われたらすぐに飛びつく。途上国ならなおさら。

こういうのを見ると、たとえば韓国がIMFのお世話になって、その後は事実上外資に乗っ取られたのも
同じ手法だったんだろうな
127:2016/04/09(土) 17:05:45.81 ID:
>>107
ギリシャやかつての南米諸国を見ているようだ。
111:2016/04/09(土) 16:03:09.76 ID:
世界の金融って怖いね
情報漏らしたソロスはソロスでこの騒動利用して儲けるんだろうから
112:2016/04/09(土) 16:03:47.92 ID:
違法じゃないとか、問題ないとか言ってるヤツいるけど、
じゃあなんでアイスランド首相は辞任するんだよw
143:2016/04/09(土) 20:30:08.49 ID:
>>112
政治家の資産として公開してる資産に入れないで、
最終的に妻に1ドルで譲渡してたからじゃなかった?
記事読まずに騒いでるの?w
120:2016/04/09(土) 16:18:55.19 ID:
なんとかの春と言えば、CIA、NED、ソロスにオルブライト元米国務長官とかの名前が浮かぶけど、
当初、記事に載っていたのは中東やアフリカが多かったから全米民主主義基金(NED)がらみかなとは思った。
でも、この問題自体が世界的な問題であって、特にアメリカ・イギリスが諸悪の根源ということはよく知られているし、
それが今回、ぼんやりとしていたものが一部であっても白日の下に晒されたんだから、これはこれで良かったと思う。
強欲なグローバル企業とか1%と99%の異常な格差の問題とかにしていくべきじゃないのかな。
CIAアメリカが黒幕と思うならそこを中心に批判すればいいだろうし、でも結局は全てつながってるんだよね。
122:2016/04/09(土) 16:24:09.61 ID:
イギリスがAIIBに加入したから欧州の政治家も流されたのでは?
123:2016/04/09(土) 16:48:30.73 ID:
まあソロスはウクライナの独立騒動にもガッツリ関与したし
去年いきなしそれまで持ってたアリババ等のシナ株を売っぱらっちゃったし
無い話じゃないかもね~
160:2016/04/09(土) 21:26:07.38 ID:
中国・ロシア「(自分の身がヤバイから)調査しない」
日本「(アメリカの仕掛けた情報戦だとわかっているから)調査しない」

つまりそういう事?
164:2016/04/09(土) 22:53:19.41 ID:
あーそういうことだったんだ
166:2016/04/09(土) 23:10:19.82 ID:
ジョージソロスが本気になってるな
ウクライナで失敗したから、今度はロシアだけでなく世界を絡めてロシア落とすのに必死
この爺さんの最後の目標がロシア潰し(正確には旧ソ圏)だから、寿命が近いとなればやることも過激になるのも当然か
167:2016/04/09(土) 23:47:31.17 ID:
ソロスは他のユダ金の連中とは一味違う
筋金入りのロシア嫌いだが、
いわゆる新自由主義の連中とは違う
超高額所得者からは高い税金を取るべきと主張する。
168:2016/04/09(土) 23:48:01.48 ID:
パナマ文書

英ガーディアン誌
「パナマなど忘れよ、アメリカではより簡単に資金を隠せる」

アメリカのうちネバダ州やワイオミング州、デラウェア州などは実質的なタックスヘイブン
169:2016/04/09(土) 23:49:27.82 ID:
パナマ文書を管理する「国際調査報道ジャーナリスト連合」の資金提供者は下記。

フォード財団
カーネギー基金
ロックフェラー・ファミリー基金
W K ケロッグ財団
オープン・ソサエティー財団(ソロス)
172:2016/04/10(日) 01:15:35.03 ID:
もう世界大戦がはじまってるってことだよね
その情報戦に過ぎない
180:2016/04/10(日) 01:57:29.07 ID:
LIVE: Protesters call for David Cameron’s resignation following Panama leaks

デモ中継


188:2016/04/10(日) 02:16:44.03 ID:
アメの政治家が皆無というのもあり得んしな、こういう陰謀論があってもおかしくはない
197:2016/04/10(日) 02:36:19.79 ID:
日本政府が調査しないという時点でわかってた話か…
アメの仕掛けなら当然、裏で日本も政治家がアウトにならないように打ち合わせ済みと



パナマ文書

パナマ文書またはパナマペーパー(英語: Panama Papers)とはパナマの法律事務所、モサック・フォンセカ(Mossack Fonseca)によって作成された一連の機密文書である。

文書は1970年代から作成されたもので、総数は1150万件に上る。文書には株主や取締役などの情報を含む、オフショア金融センターを利用する21.4万社の企業の詳細な情報が書かれている。これらの企業の関係者には多くの有名な政治家や富裕層の人々がおり、公的組織も存在する。合計2.6テラバイトに及ぶ文書は匿名者によって、2015年にドイツの新聞社『南ドイツ新聞』に漏らされ、その後、ワシントンD.C.にある調査ジャーナリスト国際連合にも送られた。80か国の107社の報道機関に所属する約400名のジャーナリストは文書の分析に加わった。2016年4月3日、この文書についての報道は149件の文書とともに発表された。関連企業・個人リストの完全版は同年5月初めに公開される予定である。


内容

漏洩したのはモサック・フォンセカ法律事務所が1970年代から2016年初までに作成した、合計2.6テラバイトの1150万件の機密文書であり、214488社のオフショア法人に関する情報が含まれる。これらの文書は80か国のジャーナリストにより分析されている。調査ジャーナリスト国際連合の理事長、ジェラード・ライル(Gerard Ryle)がこの漏洩事件を「オフショア金融市場に対する今までで最も大きな打撃」と評した。

ロシアの大統領のウラジーミル・プーチンの本人の名前はないものの、3人の友人の名前は文書にある。また、習近平中国共産党総書記の義兄、李鵬元中国首相の娘、デーヴィッド・キャメロン英首相の亡父、ナジブ・ラザクマレーシア首相の息子、ナワーズ・シャリーフパキスタン首相の子供達、エンリケ・ペーニャ・ニエトメキシコ大統領の財政的支援者(「大好きな契約者」)、盧泰愚元韓国大統領の息子、コフィー・アナン元国連事務総長の息子などの政治家の親族の名前を挙げられる。

プロサッカー界においてもいくつの要人や選手の名前が載っている。例えば、南米サッカー連盟の元会長であるエウヘニオ・フィゲレド、欧州サッカー連盟の元会長であるミシェル・プラティニ、国際サッカー連盟の元事務局長であるジェローム・バルク、アルゼンチンのプロサッカー選手リオネル・メッシなどが挙げられる。レアル・ソシエダに至ってはチーム内複数の元選手の名前(ヴァレリー・カルピン、サンデル・ヴェステルフェルト、ダルコ・コバチェビッチなど)が載られる。また、イギリスのプロゴルファーニック・ファルド、ドイツのレーシングドライバーニコ・ロズベルグ、インドの俳優アミターブ・バッチャンとその息子の妻で女優のアイシュワリヤー・ラーイ、香港の俳優ジャッキー・チェンのようなスポーツ界・芸能界の有名人の名前もある。パナマ紙『エル・シグロ』(El Siglo)によると、ジャッキー・チェンはイギリス領バージン諸島にある6つのダミー会社の株主になっている。

日本関係ではセコム創業者の飯田亮・戸田壽一(故人)が、1990年代から当時の時価にして700億円もの持ち株を、イギリス領バージン諸島やガーンジーに設立された複数のオフショア法人に名義移転させていたことが判明し、この結果両名の親族ないし遺族への贈与税や相続税がかなり圧縮されるとの指摘がある。中日新聞の取材に対し、セコムは「税務当局に詳細な情報開示を行って、適正な税金を納めている。課税を免れるためのものではない」と書面で回答したものの、情報開示や納税の具体的内容に関しては説明を避けている。さらに、日本国内を住所とする約400の個人や企業の情報が含まれる。


各国の反応

流出事件後のインタビューにおいて、アイスランド首相シグムンドゥル・ダヴィード・グンラウグソンとその妻は、私生活がジャーナリストによって侵犯されたという公式声明を出し、個人財産情報の公開には全く問題がないと主張した。本人は退陣しないと表明したが、アルシングにおける内閣総辞職の要求が予想される。また、スウェーデン・テレビとレイキャヴィーク・メディアによるインタビューでオフショア会社の件を聞かれたところ、シグムンドゥルは激しく否定した後、その場を立ち去った。2016年4月5日、シグムンドゥルは一転辞任を表明した。

ロシア連邦政府はこの流出事件を「西側の陰謀」と呼び、プーチンが今回の事件の「主な標的」であり、西側諸国はプーチンを恐れるゆえにオフショア金融の情報をわざと漏洩させたと主張した。大統領報道官のドミトリー・ペスコフは「プーチンとロシアの安定性、そして次期選挙を混乱させるのが今回の事件の主な目的だ」と述べた。

習近平国家主席など現職・旧指導部の親族に関連する情報が文書に含まれるが、中華人民共和国ではパナマ文書についての報道規制・検索制限がかかっている。文書に関する初期報道がほとんど削除され、検索エンジンで調べても結果が見つかれないほどである。

日本では、官房長官の菅義偉が文書流出事件について、「日本企業への影響も含め、軽はずみなコメントは控えたい」と述べ、また、日本政府としては調査しない旨を述べた。

シンガポールは、2016年4月に調査を開始し、財務省(MOF)と通貨庁(MAS、中央銀行)が「シンガポールの個人あるいは組織による不正の証拠があれば、われわれは断固たる措置を取ることをためらわない」と共同声明を発表し、厳正に対処する姿勢を示した。

引用:wikipedia - パナマ文書


タックス・ヘイヴン

タックス・ヘイヴン(英語: Tax haven)とは、一定の課税が著しく軽減、ないしは完全に免除される国や地域のことである。租税回避地(そぜいかいひち)とも呼ばれる。

フランス語ではパラディ・フィスカル(仏: paradis fiscal)といい、「税の(fiscal)楽園、天国(paradis)」という語があてられているが、英語の haven は「避難所」の意で、heaven(天国、楽園)とは異なる。

引用:wikipedia - タックス・ヘイヴン

1001: おすすめ記事 2030/01/01 00:00:00 ID:newsmatomeito

TOPページに戻る